映画【桐島、部活やめるってよ】動画が無料!

↓【桐島、部活やめるってよ】予告動画

↓【桐島、部活やめるってよ】情報

《ストーリー》
早稲田大学在学中に小説家デビューし、第22回小説すばる新人賞を受賞した朝井リョウの同名小説を、「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」の吉田大八監督が映画化した青春群像劇。田舎町の県立高校で映画部に所属する前田涼也は、クラスの中では静かで目立たない、最下層に位置する存在。監督作品がコンクールで表彰されても、クラスメイトには相手にしてもらえなかった。そんなある日、バレー部のキャプテンを務める桐島が突然部活を辞めたことをきっかけに、各部やクラスの人間関係に徐々に歪みが広がりはじめ、それまで存在していた校内のヒエラルキーが崩壊していく。主人公・前田役に神木隆之介が扮するほか、前田があこがれるバトミントン部のカスミを「告白」の橋本愛、前田同様に目立たない存在の吹奏楽部員・亜矢を大後寿々花が演じる。第36回日本アカデミー賞で最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀編集賞の3部門を受賞した。

《スタッフ》
監督
吉田大八
製作指揮
宮崎洋
製作
菅沼直樹
茨木政彦
弘中謙

《キャスト》
神木隆之介前田涼也
橋本愛東原かすみ
大後寿々花沢島亜矢
前野朋哉武文
岩井秀人

《作品データ》
製作年 2012年
製作国 日本
配給 ショウゲート
上映時間 103分

↓【桐島、部活やめるってよ】レビュー

評判が高い原因の一つは確実に懐かしさでしょう。

私は期待し過ぎたのもあり、高校時代は別に懐かしくもないのでそんなに共感できず。

面白い点はリアルな高校時代を俯瞰できるとこかな。自分と違う立場だった人について考える珍しい体験ができます。

高校生のヒエラルキーは独特で、当時上の階級にいた子が10年後も上かって言うと絶対そんなことない。
今とは別世界な分、懐かしさを楽しめるかどうかでとても評価の分かれる作品と思います。

桐島、部活やめるってよをタダで見る!

映画【パラノーマル・アクティビティ 第2章】動画が無料!

↓【パラノーマル・アクティビティ 第2章】予告動画

↓【パラノーマル・アクティビティ 第2章】情報

《ストーリー》
低予算ながら全米で大ヒットを記録したホラー「パラノーマル・アクティビティ」の続編を、東京を舞台に映画化。「放送禁止」シリーズの長江俊和監督がメガホンをとり、「ひゃくはち」「BECK」の中村蒼とモデル出身の青山倫子が主演を務める。アメリカ旅行から帰国したばかりの春花は、目覚めると部屋の中のものが勝手に移動していることに気づく。弟・幸一のいたずらだと思い込むが、潔白を証明するため幸一がビデオカメラで撮影した映像により、衝撃的な現象を目の当たりにする。

《スタッフ》
監督
長江俊和
脚本
長江俊和
企画
花田康隆
製作
花田康隆
プロデュース
花田康隆

《キャスト》
中村蒼山野幸一
青山倫子山野春花
吉谷彩子
鯨井康介
守永真彩

《作品データ》
製作年 2010年

パラノーマル・アクティビティ 第2章をタダで見る!

映画【容疑者Xの献身】動画が無料!

↓【容疑者Xの献身】予告動画

↓【容疑者Xの献身】情報

《ストーリー》
05年に直木賞を受賞した東野圭吾の人気ミステリー「探偵ガリレオ」シリーズ第3作「容疑者Xの献身」をTVドラマ「ガリレオ」の《スタッフ》・《キャスト》で映画化。顔を潰され指を焼かれるという残忍な殺人事件が発生。内海刑事(柴咲)はいつものように天才物理学者で通称“ガリレオ”の湯川(福山)に助けを求めるが、被害者の元妻の隣人として捜査線上に浮かんだのは、湯川の大学時代の友人で天才数学者の石神(堤)だった……。監督は「県庁の星」の西谷弘。

《スタッフ》
監督
西谷弘
製作
亀山千広
エグゼクティブプロデューサー
清水賢治
畠中達郎
細野義朗

《キャスト》
福山雅治湯川学
柴咲コウ内海薫
北村一輝草薙俊平
ダンカン工藤邦明
長塚圭史富樫慎二

《作品データ》
製作年 2008年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 128分

↓【容疑者Xの献身】レビュー

ドラマの映画版と侮って観ていた。
堤真一が土臭くて湿っぽさ漂うオジサンなのだが何とも哀愁を漂わせる。
巧妙な伏線の中に「物理学者vs数学者」らしい数式的ミステリー要素も充分に盛り込まれている。
そこに松雪康子の色っぽくて孤独感漂うキャラクターが花を添える。
気付きゃ泣いてた。気付きゃ泣いてんだなぁー。不思議と。そう。不思議だ。実におもしろい

容疑者Xの献身をタダで見る!

映画【真夏の方程式】動画が無料!

↓【真夏の方程式】予告動画

↓【真夏の方程式】情報

《ストーリー》

東野圭吾原作、福山雅治が天才物理学者・湯川学を演じる人気シリーズの劇場版第2作。子ども嫌いで有名な湯川が、10歳の少年・恭平と海辺の町で夏を過ごすことになり、事件に巻き込まれていく姿を描く。手つかずの美しい海が残る玻璃ヶ浦で海底資源の開発計画が持ち上がり、その説明会に招かれた湯川は、宿泊先の旅館「緑岩荘」でひとりの少年・恭平と出会う。やがて旅館の近くで男性の変死体が発見され、遺体の身元が「緑岩荘」に宿泊していた元捜査一課の刑事・塚原だということがわかる。地元警察は塚原の死を転落死として処理しようとするが、現地入りした捜査一課の岸谷美砂は、塚原の死に不可解な点があることに気づき、湯川に事件解決への協力を依頼する。吉高由里子、北村一輝らシリーズのレギュラー陣に加え、杏、風吹ジュン、前田吟らが共演。監督は前作「容疑者Xの献身」と同じく西谷弘。
《スタッフ》

監督
西谷弘
製作
亀山千広
畠中達郎
平尾隆弘
エグゼクティブプロデューサー
臼井裕詞

《キャスト》

福山雅治湯川学
吉高由里子岸谷美砂
北村一輝草薙俊平
杏川畑成実
前田吟川畑重治

《作品データ》
製作年 2013年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 129分

↓【真夏の方程式】レビュー

天才物理学者・湯川学が活躍するガリレオシリーズ劇場作品第2弾。一応シリーズものではあるが、ガリレオというシリーズ名がついていないように、この作品単体でも楽しめるような工夫がしてある。近年、一定の観客数を確保するために、どうしてもテレビのシリーズものの続編や完結作というのが劇場作品になることが多いけど、テレビシリーズを観ていなくても楽しめる工夫をすることが映画ファンの間口を拡げるためには結構重要だと思う。この作品はその意味では単体で観ても、十分な面白さがある作品になっている。

真夏の方程式をタダで見る!

映画【サカサマのパテマ】動画が無料!

↓【サカサマのパテマ】予告動画

↓【サカサマのパテマ】情報

《ストーリー》

2008年のネット配信が口コミで広まり、10年に公開された劇場版もロングランヒットを記録した「イヴの時間」の吉浦康裕監督が手がけるオリジナル劇場用長編アニメーション。暗く狭い坑道が広がる地下世界の集落のお姫様パテマは、坑道を探検するのが毎日の楽しみで、立ち入りが禁じられている「危険区域」がお気に入りの場所だった。しかし、ある時、いつものように危険区域に立ち入ったパテマは、そこで予期せぬ出来事に遭遇し、底の見えない穴へと落ちてしまう。一方、空を忌み嫌う人々が暮らす世界アイガの少年エイジは、周囲の人々とは異なり空にあこがれを抱いていた。そんなある日、エイジは、立ち入り禁止のフェンスの向こう側に広がる地下へと続く大きな穴から、空に向かって落ちてきた少女パテマと出会う。
《スタッフ》

監督
吉浦康裕
エグゼクティブプロデューサー
宮田昌紀
安藝貴範
安田猛
長江努

《キャスト》

藤井ゆきよパテマ
岡本信彦エイジ
大畑伸太郎ポルタ
ふくまつ進紗ジィ
加藤将之ラゴス

《作品データ》
製作年 2013年
製作国 日本
配給 アスミック・エース
上映時間 99分

↓【サカサマのパテマ】レビュー

地下に住む人々と地上に住む人々がいる世界、地下に住んでいるヒロインのパテマは地上に憧れて、禁を犯して地上に行きました。そこで出会った少年 エイジとこの世界の謎に迫るファンタジー作品です。

いつも観ている世界が逆になっているってどんな感じがよく分かるお話です。空がこんなに怖いと思ったのは初めてですね~

タイトルにも書いたようにどちらの世界がサカサマになっているのか錯覚する場面がたくさんあってグルグルしますねw

ドキドキハラハラするシーンがたくさんあります。観ているとあっと言う間にですね~ ちょっとジブリ作品を思い出すような作品です。

目が離せないほど面白かったです。是非、サカサマの世界を観てくださいね。オススメです^^

サカサマのパテマをタダで見る!

映画【ハッピーフライト】動画が無料!

↓【ハッピーフライト】予告動画

↓【ハッピーフライト】情報

《ストーリー》
「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」の矢口史靖監督が、旅客機にまつわる人々の悲喜こもごもをコメディタッチで描く。羽田空港から飛び立とうとしているホノルル行きチャーター便・NH1980に、機長昇格が間近の副操縦士・鈴木や教官役の機長・原田、新米CAの斉藤らが搭乗。グランドスタッフは座席のオーバーブッキングの対応に追われ、整備士たちは時間のない中で整備にあたるが、なんとか飛行機は定刻通りに離陸。あとは快適な空の旅のはずだったが……。

《スタッフ》
監督
矢口史靖
製作
亀山千広
エグゼクティブプロデューサー
桝井省志
企画
石原隆
小形雄二

《キャスト》
田辺誠一鈴木和博
時任三郎原田典嘉
綾瀬はるか斎藤悦子
吹石一恵田中真里
田畑智子木村菜採

《作品データ》
製作年 2008年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 103分

↓【ハッピーフライト】レビュー

矢口史靖監督のコミカルながらも後に引くこの演出は、「ファンシィダンス」や「シコふんじゃった」の頃の周防作品を彷彿させてくれるせいか、ついつい観てしまいたくなる中毒性がある。子供から大人まで楽しめる間口の広さもまた親切で、分かりやすくストーリーに没入しやすい。どの作品も主役から端役までキャラがしっかり立っていて、俳優陣がこぞって監督の作品に出演したがるのも分かる。しっかり時間を掛けて作品作りに取り込む監督だからこそ、ファンも安心して観られるということか。綾瀬はるかにぞっこんの同僚は、とにかく彼女の魅力を存分に引き出していると絶賛していたもんだ(笑)

ハッピーフライトをタダで見る!

映画【舟を編む】動画が無料!

↓【舟を編む】予告動画

↓【舟を編む】情報

《ストーリー》
出版社の辞書編集部を舞台に、新しい辞書づくりに取り組む人々の姿を描き、2012年本屋大賞で第1位を獲得した三浦しをんの同名小説を映画化。玄武書房の営業部に勤める馬締光也は、独特の視点で言葉を捉える能力を買われ、新しい辞書「大渡海(だいとかい)」を編纂する辞書編集部に迎えられる。個性的な編集部の面々に囲まれ、辞書づくりに没頭する馬締は、ある日、林香具矢という女性に出会い、心ひかれる。言葉を扱う仕事をしながらも、香具矢に気持ちを伝える言葉が見つからない馬締だったが……。馬締役で松田龍平、香具矢役で宮崎あおいが出演。監督は「川の底からこんにちは」「ハラがコレなんで」の俊英・石井裕也。第86回アカデミー外国語映画賞の日本代表作品に選出。第37回日本アカデミー賞では最優秀作品賞、最優秀監督賞ほか6冠。

《スタッフ》
監督
石井裕也
プロデューサー
土井智生
五箇公貴
池田史嗣
岩浪泰幸

《キャスト》
松田龍平馬締光也
宮崎あおい林香具矢
オダギリジョー西岡正志
黒木華岸辺みどり
渡辺美佐子タケ

《作品データ》
製作年 2013年
製作国 日本
配給 松竹、アスミック・エース
上映時間 133分

↓【舟を編む】レビュー

15年かけてひとつの辞書を作る。人件費や固定費を考えたたけでも、5億円は下らない。直接原価だってそうとうな金額だ。それを売り上げでカバーしようとしたら、数千円の辞書でもどれだけ売らなければならないかって話。会社がやりたくないのは至極もっともである。でも、穴のない本を作るという気持ち、永遠に続くけと地味な校正作業、部員でちょっとすつ積み重ねていく本作りの苦しみと楽しさ、校了のなんとも言えない開放感・・・。こうした様々の行程が本作りの醍醐味でお金でトレードオフにならない部分だ。馬締の辞書作りの姿勢は出版人(嫌な言葉だなぁw)として心の何処かにおいて置かなくてはいけないもので、自分が振り返る鏡として心に残る。彼を支える妻の存在もこの作品の真摯な姿勢を体現していて重要だ。「夜空のムコウ」的な冷たくの爽やかな観後感があった。でも、雑誌があんなチャラチャラしてないけどねw

舟を編むをタダで見る!

映画【風俗行ったら人生変わった】動画が無料!

↓【風俗行ったら人生変わったwww】予告動画

↓【風俗行ったら人生変わったwww】情報

《ストーリー》
巨大掲示板「2ちゃんねる」に投稿されて反響を呼び、書籍されたネット小説を満島真之介の主演で映画化。何事もすぐにあきらめてしまう自己完結型の29歳童貞・遼太郎は、自分を変えるため風俗に行くが、そこで出会った訳あり風俗嬢のかよに一目ぼれしてしまう。知れば知るほどかよに心ひかれていく遼太郎は、なぜ彼女が風俗嬢をしているのか疑問を抱くが、初めての恋になにをどうしていいのかもわからない。遼太郎は頭脳派トレーダーの晋作らネット仲間の知恵を借り、かよの人生を救うため奇想天外な作戦を練る。風俗嬢かよ役で佐々木希、晋作役で松坂桃李が共演。「荒川アンダー ザ ブリッジ」の飯塚健監督がメガホンをとった。

《スタッフ》
監督
飯塚健
企画・プロデュース
谷澤伸幸
エグゼクティブプロデューサー
中沢敏明
千野毅彦
プロデューサー
厨子健介

《キャスト》
満島真之介遼太郎
佐々木希かよ
松坂桃李晋作
藤間宇宙
穂のか

《作品データ》
製作年 2013年
製作国 日本
配給 セディックインターナショナル、電通
上映時間 99分

↓【風俗行ったら人生変わったwww】レビュー

原作の某掲示板のまとめや小説を読んだ方も
更に楽しめるボリュームだとおもいます。

役者の演技がそれぞれ本当に活き活きとしていて、
一コマ足りとも見逃せない映画だと思います。
配信で見たあと、映画館でちゃんとみたくなるような、そんな楽しさがあります。

風俗行ったら人生変わったwwwをタダで見る!

映画【黒執事】動画が無料!

↓【黒執事】予告動画

↓【黒執事】情報

《ストーリー》
テレビアニメ化やミュージカル舞台化もされた枢やなの人気コミックを、「BECK」(2010)以来約3年ぶりの俳優復帰となった水嶋ヒロ主演で実写映画化。巨大企業ファントムの若き総帥・幻蜂汐璃は、ある理由から女であることを隠して生きる男装の令嬢。女王の密命により難事件を裏で解決するという使命を背負った名門貴族ファントムハイヴ家の末裔でもある汐璃は、その任務と財産をある復讐に利用するため、美しく冷酷な“悪魔の執事”セバスチャンと契約。2人が挑む怪事件を描く。映画版オリジナルストーリーとなり、水嶋扮するセバスチャンが仕える主人は、原作の少年から男装の令嬢という設定に変更。剛力彩芽が演じている。「NANA」の大谷健太郎と「TIGER&BUNNY」のさとうけいいちが共同監督。

《スタッフ》
監督
大谷健太郎
さとうけいいち
エグゼクティブプロデューサー
久松猛朗
プロデューサー
松橋真三
共同プロデューサー
齋藤智裕

《キャスト》
水嶋ヒロセバスチャン
剛力彩芽幻蜂清玄(汐璃)
優香若槻華恵
山本美月リン
大野拓朗松宮高明

《作品データ》
製作年 2013年
製作国 日本
配給 ワーナー・ブラザース映画
上映時間 119分

↓【黒執事】レビュー

ミステリーとしてはちんたらした展開だった感もあるが、映画の短い時間の中に、原作の根底にある至高の悪魔と崇高な魂の関係性が表現されていて、原作ファンとして満足だなあと思うことができた。
水嶋ヒロと剛力彩芽がよかったというのはもちろんだけど、山本美月と優香もとってもよかった。
とくに、スナイパー仕様の山本美月は、さすが原作ファンという感じで、まさにリン。
アンダーテイカーは諏訪部さんがそのまま出演すればよかった。笑

黒執事をタダで見る!

映画【モテキ】動画が無料!

↓【モテキ】予告動画

↓【モテキ】情報

《ストーリー》
三十路前のモテない男・藤本幸世が、ある日突然、モテはじめたことから起こる騒動を描き、2010年にはTVドラマ化もされた人気コミックを実写映画化。主演はドラマ版に続き森山未來。ドラマ版から1年後を舞台に、原作者・久保ミツロウによるオリジナルストーリーが展開される。派遣社員を卒業し、ニュースサイトのライターとして正社員になった幸世に、ある日突然「第2のモテキ」が到来。新たに目の前に現れた女性たちと過去の女性たちとの間で揺れ動く幸世は……。幸世を取り巻く新たなヒロインたちを演じるのは長澤まさみ、麻生久美子、仲里依紗、真木よう子。監督はドラマ版の演出も手がけた大根仁。

《スタッフ》
監督
大根仁
製作
井澤昌平
市川南
エグゼクティブプロデューサー
中尾哲郎
塚田泰浩

《キャスト》
森山未來藤本幸世
長澤まさみ松尾みゆき
麻生久美子枡元るみ子
仲里依紗愛
真木よう子唐木素子

《作品データ》
製作年 2011年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 118分

↓【モテキ】レビュー

ストーリー展開とかはベタだけどそれでも面白かった。
それだけ見せる技術に優れてるのか役者を含めた道具がよかったのか。
森山未來も長澤まさみも麻生久美子も仲里依紗も真木よう子もリリーさんもみんなよかった。
未来なんて『苦役列車』の北町貫太と同一人物が演じてるとは思えないしね。
挿入歌もよかったしエンドロールまで楽しめた。
曲のチョイスがストーリーにマッチしすぎ。

モテキをタダで見る!