え?映画【アナと雪の女王】動画が無料!?

アナ雪

あるよ!アナと雪の女王の動画を無料視聴する方法!

だいきくん

アナと雪の女王の動画をyoutube、veoh、パンドラ、デイリーモーションなどの動画サイトで探したんだけど、削除されていて見れなかったんだよね。やっぱりレンタルするしかないのかな。

せいこちゃん

え?知らないの?「U-NEXT」を使えば、アナと雪の女王も無料視聴できちゃうんだよ!

だいきくん

何それ?知らなかった。みんなやってるの?「U-NEXT」って、huluみたいな動画サイトだよね?

せいこちゃん

そうそうhuluみたいなサイトなんだけど、U-NEXTは新作もあるからアナと雪の女王を見れるんだよ!

だいきくん

でもそれってお金かかるんじゃなかったっけ?

せいこちゃん

そうそう、普通は1カ月2000円近くかかるサービスなんだよね。でもU-NEXT初めての人は、無料で16日間試せるからその間にアナと雪の女王を見れば無料って訳!

だいきくん

なんだって?????なんでもっと早く教えてくれなかったの?

せいこちゃん

もうみんな知ってるかと思って・・・ごめんごめん。でもイイ情報だったでしょ?登録は3分くらいでできて、その後すぐに視聴開始できるからね♪

だいきくん

こんな裏技があったなんて知らなかったよ。今から試してみるね!ありがとう♪

アナと雪の女王の方言替え歌動画まとめ!

アナと雪の女王の大ヒットから裏では、各地方の方言でアナ雪にでてくる曲を替え歌するのが流行りました。

方言女子可愛いですよね。それでは見ていきましょう!

雪だるまつくろう

広島弁バージョン

広島弁だと「雪だるまつくろう」は「雪だるまこさえよう」って言うんですね。可愛いですね♪
 
個人的には、「大きな雪だるま」が「ぶちでかい雪だるま」になっているのにはちょっとツボでしたね。

八戸弁バージョン

八戸弁だと「雪だるまつくろう」は「雪だるまこへるべ」って言うんですね。
 
八戸弁はあまり聞いたことがなかったのでとても新鮮でしたね。最初は違和感ありますが、何回か聴いていると慣れて結構いいですよ♪

博多弁バージョン

博多弁だと「雪だるまつくろう」は「雪だるま作らん?」って言うんですね。
 
個人的に1番好きなのがコレですね!
 

エルサの「あっちいけんしゃい」との断りもなんだか可愛く感じますね。

名古屋弁バージョン

 名古屋弁だと「雪だるまつくろう」は「雪だるまつくろまい」って言うんですね。

だぎゃーとか入ってなくてよかったです。

生まれてはじめて

博多弁バージョン

やっぱり博多弁最高!

アナ可愛すぎ!!!こんなこと女の子に言われたらたまらないですね♪

  • 「守ってもらわんくていいとうちは大丈夫やけん」
  • 「ねえ頼むけんうちから離れどいといて」
  • 「生まれてはじめてわかりあえると」

広島弁バージョン

博多弁と似ているけど、関西に近い分少し、関西弁に近い気がしますね。

京都弁バージョン

王道の京都弁、さすが可愛いですね。関西弁より少し優しい印象を受けますね。

「帰られへん。」「それはあかん。」鉄板で可愛すぎます!!!

富山弁バージョン

富山弁というのは初めてききました。東北弁に近いものがあるのでしょうか?語尾の「ちゃ」が特徴的で可愛いですね。

沖縄弁バージョン

元の歌を知っているからなんとなくわかるような・・・いややっぱりわからない!これは外国語ですね。w

1番面白かったのが沖縄弁でしたね。

結論!アナが歌うとなんでも可愛いすぎる!!!

これを機に今まで聴いたことのなかった方言も知ることができ楽しかったです。ただ、北海道弁がないのがすこし残念でした。雪の国繋がりもありますし、ちょっと聴いてみたかったです。

「アナと雪の女王」作品情報!

《ストーリー》

王家の姉妹アナとエルサの愛を描いたストーリー。

姉のエルサは触ったものを凍らせる魔法の力を持っていました。

幼少期にアナを助けようとエルサが魔法の力を使ったところ、アナに重傷を負わせてしまうこととなります。

エルサはすっかり心を閉ざし、アナがどれだけ誘っても断り続けます。アナを傷つけてしまわないように・・・。

しかし、その理由を知らないアナはエルサに嫌われてしまったのでは?と悲しい思いをします。

そんなアナとエルサが対面するのが、戴冠式の日。その日に事件は起こり、アナとエルサは再び離れ離れに。

とストーリーは進んでいきます。

《スタッフ》

■監督
クリス・バック
ジェニファー・リー
■製作
ピーター・デル・ベッチョ
■製作総指揮
ジョン・ラセター
■原案
ハンス・クリスチャン・アンデルセン

《キャスト》

オリジナル⇒吹き替え
クリステン・ベル(アナ)⇒神田沙也加
イディナ・メンゼル(エルサ)⇒松たか子
ジョナサン・グロフ(クリストフ)⇒津田英佑
ジョシュ・ギャッド(オラフ)⇒原慎一郎
サンティノ・フォンタナ(ハンス)⇒ピエール瀧

《作品データ》

原題:Frozen
製作年:2013年
製作国:アメリカ
配給:ディズニー
上映時間:102分

《アナと雪の女王豆知識》

ディズニーアニメとして初めてアカデミー賞で長編アニメーション賞を受賞した「アナと雪の女王」。

それだけでなく、アカデミー賞では主題歌賞も受賞しました。

興行収入ランキングでも、2014年ダントツの1位は勿論、興行収入ランキングでも日本歴代3位のメガヒット作品です。

累計2000万人映画館に足を運んでいます。日本の全人口が1億3000万人なので、6人に1人くらいの割合で見たことになりますね。

日本語吹き替えも話題だったことから、字幕と日本語吹き替えをそれぞれ見に行ったりといった方が非常に多く、リピーターが多いのも特徴ですね。

3回以上見に行ったという人は結構普通にいて、中には20回以上見に行ったという強者もいるそうです。

ありのままの~と歌う子どもたちの可愛いこと♪アナ雪人気から、続編の短編アニメーション、「アナと雪の女王 エルサのサプライズ」の公開、そして「アナと雪の女王2」の製作も発表されています。監督やスタッフも続投するようですので、歌、物語ともに楽しみですね♪