映画【悪の教典】動画が無料!

↓【悪の教典】予告動画

↓【悪の教典】情報

《ストーリー》
目的のためならば殺人もいとわない教師の姿を描いた貴志祐介の問題作を、「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」「十三人の刺客」の三池崇史監督が映画化。伊藤英明が主演し、自身初の悪役に挑んだ。生徒から慕われ、学校やPTAからの評価も高い高校教師・蓮実聖司は、教師の鑑ともいうべき表向きの顔とは別に、他人への共感能力をまったく持ち合わせていない、生まれながらのサイコパス(反社会性人格障害)という隠された顔があった。いじめ、モンスターペアレンツ、セクハラ、淫行など問題だらけの学校で、自らの目的を達するため、蓮実は躊躇なく殺人を繰り返していく。しかしある日、ほんのささいなミスを犯してしまった蓮実は、それを隠匿するためクラスの生徒全員を惨殺することを決める。共演に二階堂ふみ、染谷将太、林遣都、山田孝之ら。

《スタッフ》
監督
三池崇史
製作
市川南
エグゼクティブプロデューサー
山内章弘
企画・プロデュース
臼井央
プロデューサー
東幸司

《キャスト》
伊藤英明蓮実聖司
二階堂ふみ片桐怜花
染谷将太早水圭介
林遣都前島雅彦
浅香航大夏越雄一郎

《作品データ》
製作年 2012年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 129分

↓【悪の教典】レビュー

共感能力を欠く男、蓮実に共感してるって、いいの?俺!

三池監督ってあまり好きではないのだけれど、これは、あの原作をよくまとめたって思う。 他の監督じゃないだろうと思える。
もっとも、原作を読んだ頭が補完してるところもあるのだと思うのだけれど・・・

自分の習慣として、原作のある映画は先に原作を読んでから映画を見るのだけれど、こいつについては、先に映画を見たかったかな。

悪の教典をタダで見る!

映画【冷静と情熱のあいだ】動画が無料!

↓【冷静と情熱のあいだ】予告動画

↓【冷静と情熱のあいだ】情報

《ストーリー》
愛し合いながらも別れることとなってしまった男女が、10年後、再び愛を実らせるまでを描いたラヴ・ロマンス。監督はTV『プラトニック・セックス/20歳の純愛編』の中江功。江國香織と辻仁成による原作を基に、「バースデイプレゼント BIRTHDAY PRESENT」の水橋文美江が脚色。撮影監督に「センチメンタルシティマラソン SENTIMENTAL CITY MARRATHON」の津田豊滋があたっている。主演は、映画初出演の竹野内豊と「東京攻略 Tokyo Raiders」のケリー・チャン。第25回日本アカデミー賞優秀主演男優賞(竹野内豊)、優秀撮影賞、優秀照明賞受賞作品。美術絵画の修復士を志し、フィレンツェの工房で修業を積んだ阿形順正。晴れて修復士となった彼は、工房の先生であるジョバンナからチーゴリの絵の修復という大役を任される。ところが、今はマーヴという男性と何不自由ない生活を送っているかつての恋人・あおいとの再会と、修復中の絵を何者かに切り裂かれるという事件によって順正の心は深く傷つき、失意のうちに日本に帰ることになる。だが帰国した彼は、あおいとの別れの裏に、…

《スタッフ》
監督
中江功
脚色
水橋文美江
原作
江國香織
辻仁成
企画
石丸章一郎

《キャスト》

竹野内豊阿形順正
ケリー・チャンあおい
ユースケ・サンタマリア崇
篠原涼子芽実
ミッシェル・ウォンマーヴ

《作品データ》
製作年 2001年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 125分

↓【冷静と情熱のあいだ】レビュー

風景や二人が過ごしてきた10年間がさまざまな言語が混ざり合って深く心に沁みました。

本と映画ではラストが違うのですが、どちらも良かった。

順正とあおいが幸せになれますようにと願って。

そして映画を観てフイレンツェの景色やチーゴリの宗教絵を見に行きたい気分になりました。
美しい映画でした。

冷静と情熱のあいだをタダで見る!

映画【恋の渦】動画が無料!

↓【恋の渦】予告動画

↓【恋の渦】情報

《ストーリー》
山本政志監督がプロデュースする実践映画塾「シネマ☆インパクト」の第3弾で製作された5作品の1つで、「モテキ」(2011)でブレイクした大根仁監督の長編映画第2作。06年に上演された劇団ポツドールの三浦大輔による同名戯曲で、本音と嘘が入り混じった男女6人の恋をめぐる室内劇を映画化した。13年3月、「シネマ☆インパクト」第3弾のCプログラムとして上映され、大きな反響を呼んだことから、同年7月に単体の劇場公開作品としてレイトショー公開。

《スタッフ》
監督大根仁
原作三浦大輔
脚本三浦大輔
制作山本政志
撮影大関泰幸

《キャスト》
新倉健太
若井尚子
柴田千紘
後藤ユウミ
松澤匠

《作品データ》
製作年 2013年
製作国 日本
配給 シネマ☆インパクト
日本初公開 2013年3月30日
上映時間 140分

↓【恋の渦】レビュー

冒頭からいきなり軽いノリで始まり、登場人物は全員チャライ。
ヤバイ、男も女も一人も共感できるヤツがいない。。。
ホントにこの映画人気があるのかと疑問符を抱きつつ見たのですが、素直に面白かったです。

こんな連中、ホントにいるんだろうなと思いつつ、リアルな群像劇にはまってしまいました。

全員チャライですが、最初の印象と打って変わってそれぞれ個性があって魅力的に見えてきた。

恋の駆け引きがなさそであったり、それでいてやっぱり好きな人といることが幸せだったり。
だけど、一皮向けば、ただの男と女。
騙しあいこそが愛だったりと、いろんな愛が渦巻いていました。

そして最後のオチに、完全にやられました。

恋の渦をタダで見る!

映画【テルマエ・ロマエ】動画が無料!

↓【テルマエ・ロマエ】予告動画

↓【テルマエ・ロマエ】情報

《ストーリー》

「マンガ大賞2010」「第14回手塚治虫文化賞短編賞」を受賞したヤマザキマリの同名コミックを阿部寛主演で実写映画化。古代ローマ帝国の浴場設計師ルシウスが現代日本にタイムスリップし、日本の風呂文化を学んでいく姿を描くコメディドラマ。生真面目な性格で古き良きローマの風呂文化を重んじる浴場設計師のルシウスは、ふとしたきっかけで現代日本にタイムスリップ。そこで出会った漫画家志望の真実ら「平たい顔族(=日本人)」の洗練された風呂文化に衝撃を受ける。古代ローマに戻りそのアイデアを用いた斬新な浴場作りで話題となったルシウスは、時の皇帝ハドリアヌスからも絶大な信頼を寄せられるようになるのだが……。映画オリジナルのヒロイン・真実を上戸彩が演じる。監督は「のだめカンタービレ」の武内英樹。興行収入59.8億円で2012年第2位の大ヒットを記録。阿部寛が第36回日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞を受賞した。
《スタッフ》

監督
武内英樹
製作
亀山千広
市川南
寺田篤
浜村弘一

《キャスト》

阿部寛ルシウス
上戸彩山越真実
北村一輝ケイオニウス
竹内力館野
宍戸開アントニヌス

《作品データ》
製作年 2012年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 108分

↓【テルマエ・ロマエ】レビュー

それにしてもローマの風景はあれはCGなのか、よくできている。ローマと日本のどこかの温泉が歴史を超えて結びつくのだが、着想はおもしろい。その着想をここまで映像化するというのはなかなかおもしろいが、全体的にそこまでという感じ。アイーダをはじめとするイタリアオペラのアリアなどの使い方がうまい。若い監督なので楽しみ。

テルマエ・ロマエをタダで見る!

映画【重力ピエロ】動画が無料!

↓【重力ピエロ】予告動画

↓【重力ピエロ】情報

《ストーリー》
人気作家・伊坂幸太郎の直木賞候補になった同名ベストセラーを映画化。大学院で遺伝子の研究をする兄の泉水と、自分がピカソの生まれ変わりだと思っている弟の春。2人は、仙台の街で起こる連続放火事件と、現場近くに必ず残されるグラフィティアートの関連性に気付き、事件の謎解きに乗り出すが、そのことで24年前から今へと繋がる家族の謎が明らかになっていく。監督は「Laundry」の森淳一。泉水役に加瀬亮、春役は岡田将生。

《スタッフ》
監督森淳一
エグゼクティブ・プロデューサー豊島雅郎
プロデューサー荒木美也子
原作伊坂幸太郎

《キャスト》
加瀬亮
岡田将生
小日向文世
吉高由里子
岡田義徳

《作品データ》
製作年 2009年
製作国 日本
配給 アスミック・エース
上映時間 119分

↓【重力ピエロ】レビュー

性格の違う兄弟の出生に関わる秘密を抱えた家族と、ある連続放火事件に関わる出来事を描いたドラマで、普通に描くと結構ハードな内容ですが、この作品ではタイトル通りどこか浮遊感というか浮世離れしたような感覚があり、それが面白い味わいになっていますね。そこには現実感がありそうでなさそうな感覚もあり、変則的なファンタジーと言えなくもないところが独特の世界観を作っているような感じがしました。

重力ピエロをタダで見る!

映画【ゴジラ FINAL WARS】動画が無料!

↓【ゴジラ FINAL WARS】予告動画

↓【ゴジラ FINAL WARS】情報

《ストーリー》
大怪獣・ゴジラと人類、地球侵略を目論む異星人の壮絶な戦いを描いた、怪獣映画シリーズの第28作にして、誕生から50年の歴史に幕を引く最終作。監督は「スカイハイ 劇場版」の北村龍平。脚本は、「ROUND1」の三村渉と「スカイハイ 劇場版」の桐山勲の共同。撮影を「スカイハイ 劇場版」の古谷巧が担当している。主演は、映画初出演の松岡昌宏と「GUN CRAZY 裏切りの挽歌」の菊川怜。
20XX年。突如、世界各地で一斉に怪獣たちが暴れ始めた。地球防衛軍及び新人類ミュータント兵士、通称・M機関は迎撃を開始するが、事態を収めたのは、地球に飛来したX星人と名乗る異星人であった。友好的な彼らに、歓迎ムードの地球人。しかし、X星人の真の目的は地球の支配、人類の家畜化だった。それをいち早く見破ったM機関兵士の尾崎と、分子生物学者・音無美雪、彼女の姉でテレビ・キャスターの杏奈は、X星人の計画を…

《スタッフ》
監督
北村龍平
特殊技術
浅田英一
脚本
三村渉
桐山勲
製作
富山省吾

《キャスト》
松岡昌宏尾崎真一
菊川怜音無美雪
ドン・フライダグラス・ゴードン
水野真紀音無杏奈
北村一輝参謀

《作品データ》
製作年 2004年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 125分

↓【ゴジラ FINAL WARS】レビュー

多分予算的なものだと思いますが、全体的にギミックやセットは安っぽい。リアルなCGを見慣れた世代にはちゃちく見えると思います。
ただどこか懐かしさを感じる安っぽさなので、一定年齢以上のCGを使わない特撮に親しんだ世代にはプラスに見えるかもしれません。

賛否両論あると思いますが、人間のアクションシーンが多かったなぁという印象。人間のアクションシーンを減らして、もう少し怪獣に予算をさけなかったものかとちょっと残念。人間戦闘シーンは「カッコ良さげ」なカメラワークを狙ったのはわかるんですが、動きの不安定さと視点の定まらなさ具合が酷いので、乗り物に弱い人は酔っちゃうかも。

主人公やある程度以上の年齢のアクターはなかなかだったと思うんですが、若いその他の配役が若干残念な感じの演技で「豪華な学芸会」といった風。
個人的にはコメディタッチに徹して欲しかったかな。

ゴジラ FINAL WARSをタダで見る!

映画【ゲノム・ハザード】動画が無料!

↓【ゲノム・ハザード】予告動画

↓【ゲノム・ハザード】情報

《ストーリー》
西島秀俊主演で司城志朗の小説「ゲノムハザード」(小学館文庫刊)を映画化した日韓合作サスペンス。ある日、自宅で妻が殺されているのを発見した科学者の石神武人は、死んだはずの妻からの電話を受け、その日を境に警察を名乗る男たちに追われるようになる。真実を求める石神は、正体不明な女記者や妻を装う女との出会いを通し、自分の記憶が何者かに上書きされているということに気づく。石神を取り巻く2人の女性には、「誰にでも秘密がある」などで知られるキム・ヒョジンと、「さよなら渓谷」「そして父になる」の真木よう子。メガホンをとったのは、パク・チャヌクらのもとで助監督を務めてきたキム・ソンス。

《スタッフ》
監督
キム・ソンス
原作
司城志朗
脚本
キム・ソンス
音楽
川井憲次

《キャスト》
西島秀俊
キム・ヒョジン
真木よう子
浜田学
中村ゆり

《作品データ》
製作年 2013年
製作国 韓国・日本合作
配給 アスミック・エース
上映時間 120分

↓【ゲノム・ハザード】レビュー

前置きがなく、いきなりアクセルを踏んだ感じで始まった物語に、そのまま最後まで連れて行かれた感じです。
特に結末は圧巻でした。

日韓合作ということで韓国人が喋る日本語がありましたが、もちろん違和感ありまくりですが、皆さんよく頑張っていたと思います。
しかし、質問時の「。。。ですか?。。。ですか?。。。ですか?」と、こういう台詞回しがどうに中ならないかと思ったしだいです。

ゲノム・ハザードをタダで見る!

映画【ジャッジ!】動画が無料!

↓【ジャッジ!】予告動画

↓【ジャッジ!】情報

《ストーリー》
妻夫木聡、北川景子が偽の夫婦役で共演し、華やかな広告業界の裏側で繰り広げられるドタバタを描いたオリジナルコメディ。落ちこぼれ広告マンの太田喜一郎は、クセ者上司に押し付けられ、世界一のテレビCMを決める広告の祭典・サンタモニカ国際港国際で審査員を務めるはめに。現地では毎夜開かれるパーティに同伴者が必要ということから、ギャンブル好きな同僚の大田ひかりが偽の妻として同行することになる。やがて華やかな審査会が開幕するが、太田はちくわのCMが賞をとらなければ、自分がクビになってしまうということを知り、駆け引きや小芝居に四苦八苦。ひかりの手助けを借りるうちに、2人の距離も次第に縮まっていき……。サントリー「グリーンDAKARA」のテレビCMで知られる永井聡がメガホンをとり、東京ガス「ガス・パッ・チョ!」、トヨタ自動車「ドラえもん」シリーズといったテレビCMで、妻夫木とタッグを組んできたCMプランナー・澤本嘉光が脚本を担当した。

《スタッフ》
監督
永井聡
脚本
澤本嘉光
撮影
野田直樹
美術
相馬直樹
録音
原田亮太郎

《キャスト》
妻夫木聡太田喜一郎
北川景子大田ひかり
リリー・フランキー鏡さん
鈴木京香木沢はるか
豊川悦司大滝一郎

《作品データ》
製作年 2013年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 105分

↓【ジャッジ!】レビュー

笑わせてもらいました。
単なるコメディだけでなく、名言集でもあったような気がします。
特に「ムチャと書いてチャンスと読む」「逆風も振り返れば追い風に」となんか仕事をする上で頑張れるような言葉が出てきた。
この言葉はちょっと胸に秘めておこうと思いました。

それと、大田ヒカリのギャンブラーぶりは面白かった。
ライアンとドーベルを例に出すところがツボにはまってしまった。
ていうか、確かスズカローレルがTV中継で実況されていたと思ったのですが、時代設定はめちゃくちゃか。

北川景子は今回のようなちょっと強気の女性があっているような気がします。

太田喜一郎をメインにしてみればバカ正直者映画だが、大田ヒカリをメインにしたらギャンブル映画にも見えてしまった。

ジャッジ!をタダで見る!

映画【劇場版 SPEC~天~】動画が無料!

↓【劇場版 SPEC~天~】予告動画

↓【劇場版 SPEC~天~】情報

《ストーリー》

戸田恵梨香と加瀬亮の主演で、未解決事件の捜査のため公安部に設立された「未詳事件特別対策係」=通称「未詳(ミショウ)」の捜査員が、特殊能力(SPEC)を持った犯人と対決する姿を描いた人気ドラマ「SPEC 警視庁公安部公安五課未詳事件特別対策係事件簿」の劇場版。未詳の特別捜査官・当麻紗綾と瀬文焚流のもとにある日、謎めいたミイラ死体殺人事件の報せがもたらされる。その事件はやがて国家を揺るがす事態へと発展していき……。監督はドラマ版の演出も手がけた堤幸彦。
《スタッフ》

監督
堤幸彦
製作
渡辺香
エグゼクティブプロデューサー
濱名一哉
プロデューサー
植田博樹
今井夏木

《キャスト》

戸田恵梨香当麻紗綾
加瀬亮文焚流
福田沙紀志村美鈴
でんでん市柳賢蔵
岡田浩暉馬場香

《作品データ》
製作年 2012年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 119分

↓【劇場版 SPEC~天~】レビュー

当麻紗綾と瀬文焚流の物語。
確かにやり過ぎな部分もあるけど。

見る回数を重ねるごとに、シーンのひとつひとつに愛着が湧いてくる映画。

何度でも観たい。

当麻と瀬文のこれからも観たい。

劇場版 SPEC~天~をタダで見る!

映画【キャプテンハーロック】動画が無料!

↓【キャプテンハーロック】予告動画

↓【キャプテンハーロック】情報

《ストーリー》
松本零士原作で1978~79年にTV放送されたアニメ「宇宙海賊キャプテンハーロック」を、総製作費3000万ドルをかけて新たに描くフルCGアニメーション。「APPLESEED アップルシード」の荒牧伸志が監督、「亡国のイージス」「機動戦士ガンダムUC」の福井晴敏が脚本を手がける。宇宙全域に散らばった人類が地球帰還をめぐって争った「カム・ホーム戦争」から100年後の世界。元宇宙艦隊大佐で現在は広域指名手配犯として恐れられる宇宙海賊キャプテンハーロックを暗殺せよとの密命を帯びた青年ヤマは、ハーロックが駆る宇宙海賊戦艦アルカディア号への潜入に成功する。新人乗組員として正体を隠し、ハーロック暗殺の機会をうかがうヤマだったが、やがてハーロックの目的とアルカディア号の正体、そして人類の希望たる地球に隠された秘密を知る。ハーロック役の声優は小栗旬、ヤマ役は三浦春馬。

《スタッフ》
監督 荒牧伸志
原作総設定 松本零士
脚色 福井晴敏
脚本 福井晴敏

《キャスト》
小栗旬
三浦春馬ヤマ
蒼井優ミーメ
古田新太ヤッタラン
福田彩乃トリさん

《作品データ》
製作年 2013年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 115分

↓【キャプテンハーロック】レビュー

松本零士が作り上げた初期からのハーロックを知っている人は更に感慨が深いと思う。
本来は映画館で見るべき作品だと思うが家のTVでも(2Dでも3Dでも文句なしに美しい!)
実写とほとんど変わらない、ここまで出来る日本のアニメは本当に世界最高水準だと思う。戦闘シーンの迫力も凄かったし、とにかくハーロックは文句なしにカッコイイ!又作って欲しい作品。

キャプテンハーロックをタダで見る!