映画【桐島、部活やめるってよ】動画が無料!


↓【桐島、部活やめるってよ】予告動画

↓【桐島、部活やめるってよ】情報

《ストーリー》
早稲田大学在学中に小説家デビューし、第22回小説すばる新人賞を受賞した朝井リョウの同名小説を、「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」の吉田大八監督が映画化した青春群像劇。田舎町の県立高校で映画部に所属する前田涼也は、クラスの中では静かで目立たない、最下層に位置する存在。監督作品がコンクールで表彰されても、クラスメイトには相手にしてもらえなかった。そんなある日、バレー部のキャプテンを務める桐島が突然部活を辞めたことをきっかけに、各部やクラスの人間関係に徐々に歪みが広がりはじめ、それまで存在していた校内のヒエラルキーが崩壊していく。主人公・前田役に神木隆之介が扮するほか、前田があこがれるバトミントン部のカスミを「告白」の橋本愛、前田同様に目立たない存在の吹奏楽部員・亜矢を大後寿々花が演じる。第36回日本アカデミー賞で最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀編集賞の3部門を受賞した。

《スタッフ》
監督
吉田大八
製作指揮
宮崎洋
製作
菅沼直樹
茨木政彦
弘中謙

《キャスト》
神木隆之介前田涼也
橋本愛東原かすみ
大後寿々花沢島亜矢
前野朋哉武文
岩井秀人

《作品データ》
製作年 2012年
製作国 日本
配給 ショウゲート
上映時間 103分

↓【桐島、部活やめるってよ】レビュー

評判が高い原因の一つは確実に懐かしさでしょう。

私は期待し過ぎたのもあり、高校時代は別に懐かしくもないのでそんなに共感できず。

面白い点はリアルな高校時代を俯瞰できるとこかな。自分と違う立場だった人について考える珍しい体験ができます。

高校生のヒエラルキーは独特で、当時上の階級にいた子が10年後も上かって言うと絶対そんなことない。
今とは別世界な分、懐かしさを楽しめるかどうかでとても評価の分かれる作品と思います。

桐島、部活やめるってよをタダで見る!

コメントを残す