映画【プレーンズ】動画が無料!


↓【プレーンズ】予告動画

↓【プレーンズ】情報

《ストーリー》
ピクサーアニメ「カーズ」の世界観から生まれた、飛行機が主人公のディズニーアニメ。飛行機なのに高所恐怖症な主人公ダスティが、夢をかなえるため奮闘する姿を描く。田舎の農場で働く農薬散布機のダスティは、世界最速のレーサーになることを夢見ているが、そもそもレース用飛行機でもないうえ、高所恐怖症のため低空飛行しかできないが現実だった。それでも夢をあきらめきれないダスティは、元海軍の伝説の飛行教官スキッパーの指導を受け、世界を一周するレースへ出場を果たす。最新鋭の性能を誇る飛行機たちに混ざり、最下位ながらも空を駆けるダスティだったが、目の前に世界最高峰のヒマラヤ山脈が立ちはだかる。

《スタッフ》
監督:クレイ・ホール
製作総指揮:ジョン・ラセター
原案:ジョン・ラセター

《キャスト》
デイン・クック
ステイシー・キーチ
ブラッド・ギャレット
テリー・ハッチャー
セドリック・ジ・エンターテイナー

《作品データ》
原題: Planes
製作年:2013年
製作国:アメリカ
配給 :ディズニー
上映時間 :92分

↓【プレーンズ】レビュー

ディズニーの新作3Dアニメはピクサーの人気作「カーズ」の飛行機版となる物語。ただ、この作品はピクサーの作品ではなく、ディズニースタジオの作品になるので混同しないように。ディズニーとピクサーの提携はそろそろ解消する段階だったかと思いますが、今後はこういう作品も増えるんでしょうか? でも、ピクサーの黎明期を支えたジョン・ラセターなどはディズニーに確か移っているはずなので、今後境目というのは曖昧な感じになるのかもしれません。

ピクサーも含めた、ディズニー作品という意味では「カーズ2」でも3Dに挑戦していますが、今までのディズニーアニメの3Dって、3Dらしさがあるのか?っと言われると、微妙な感じもしました(正直、「カーズ2」は3Dはいらなかったと思っています)。でも、今回の「プレーンズ」は3Dで観ないと、それこそ面白さが半減するのではというクオリティの良さ。冒頭のダスティと戦闘機たちが並走するシーンから、各キャラと空との対比が3Dだと如実に出ており、その効果がはっきりと出ていると思います。これはちょっと感動ものでした。

ただ、話を見ると、どこか「カーズ」の焼き直しとも思える組み立てがイマイチといえばイマイチか。世界横断を夢見る主人公とそれを応援する友人、反目しながらも結局は飛び方を教授する先人がいながら、周りのサブキャラクターがウヨウヨするという構図。でも、分かっていても物語はそれなりに楽しめるので、上述の3Dの効果もよく出ており、全体に楽しい作品になっていると思います。

このように3D効果がよいにも関わらず、3D公開されている劇場も稀という公開体制はどうかと思いますが。。続編も夏に早くも出るようですが、本作が良かっただけに興行的に失敗しないか心配です。

プレーンズをタダで見る!

コメントを残す